頑張る亀と怠けているウサギ

コラム

ノロマな亀はウサギには勝てない!

昔話でおなじみの「ウサギと亀」。
ノロマな亀が、怠けているウサギに勝つ、というお話です。
でも、受験勉強では「怠けている」ウサギはいません。
ノロマな亀がウサギに勝つにはどうしたらいいのでしょうか?

「一生懸命」という言葉に惑わされるな

努力は最も大切ですが、誰かが一生懸命勉強しているからといって、すべてが実を結んでいるとは言い切れません。

勉強をしていても時間を無駄にしている人は意外と多いのです。
勉強というものを突き詰めていくと、それは「結果を出す」ということにほかなりません。
つまり、定められた時間の中で、やれる量を増やすという結果を出すことが重要になってきます。

1時間で10を覚える人と100を覚える人がいたら、10覚える人がいくらコツコツやっていたって、100を覚える人に勝てるわけがありません

「ゆっくりコツコツ、マイペース」は、途中で寝てくれるウサギには勝てるかもしれませんが、受験勉強の競争で、寝てくれるウサギはいません。

時間が限られた競争では、ノロマな亀はウサギには絶対に勝てないのです

全国5万人の受験生はある意味では全員ライバルです。
みんな一生懸命に勉強します。
ウサギみたいに居眠りをすることはまずありません。
周りが勝手に停滞してくれることを期待してはいけません。

時間に制約がある中で、周りも必死に勉強しているのならば、周りの受験生よりも効率よく効果的な勉強をするしかありません。

言い換えると、いかに無駄な勉強を排除して、いかに「できる」ようになるための勉強をするか、です。

つまり、1時間に学べる量を極限まで増やすこと、つまり仕事を速くすることこそが受験勉強なのです。

ウサギに追い抜かれる亀

ウサギを追い抜くチーターになれ!

自分が亀だと思う人は、今日からウサギを追い抜くチーターへと自分を改造することを、大きな目標にしてください。

今のスピードに安住しているのではなく、工夫の限りを尽くしてスピードを上げていくのです

暗記を例にとってみましょう。

効率を考えずにただ努力している人は、どんな単語も一率に30回書き写したりするのかもしれませんが、人間の記憶というものは浅い部分と深い部分があるのです。

うまくそれを利用して、浅い部分を集中攻撃し、たくさん書くようにしましょう。

このような、ちょっとしたことの積み重ねで、学習速度を上げていくわけです。

やり方を考えて、短い時間で最大の効果が出せるように「工夫」することが勉強なのです。

関連記事

  1. らせん状のDNAの模型

    コラム

    学歴は「遺伝」するのか?

    「学歴遺伝」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、総計的に学…

  2. 全ての事にビジョンを持とう

    コラム

    すべての行動に目的意識を持て!

    「誰よりも早く成績を上げたい!成長したい!成功したい!」向上力…

  3. 思考中の脳のイメージ

    コラム

    勉強には右脳も左脳も両方必要!

    人間の脳は、右脳と左脳の二つに分かれていて、それぞれ違った働きをしてい…

  4. 考え事をしている女性

    コラム

    思考力の伸ばし方!

    ここで皆さんに問題です。使えば使うほど増えるものなーんだ?…

  5. 基礎が緩い家の模型

    コラム

    勉強に行き詰ったときの対処法

    勉強に行き詰ったときは誰でも苦しむと思います。模試の成績を見て…

  6. 勉強中の小学生の女の子

    コラム

    伸びる子には秘密がある

    子供たちを見ていると、できる子とできない子の違いがあります。ど…

おすすめ記事

  1. 数式が書かれた食パン
  2. ストレスで頭を抱えている男性
  3. 栄養バランスが整っている食事
  4. 合格祈願の絵馬
  5. 工夫して勉強をしようと考えている女性

最近の記事

  1. 中学生のための「受験3年計画」
  2. 文章の飲み込みの速さを鍛えるには読解力を鍛えるしかない
  3. 国語の読解問題を解くコツ
  4. 英語ができない理由-中学生編
  5. 歴史の効率的な学習のしかた
  1. 履歴書を書いている男性

    トレンド

    高校受験対策!自己PRシートの書き方
  2. 英語の勉強をしている学生

    勉強法

    教科書を“最良の参考書”にするためにも、どんどん書き込め!
  3. 読書をする女性

    勉強法

    ”自己問答形式”のノート音読法
  4. 合格祈願の絵馬

    教育ニュース

    センター入試廃止?
  5. 難しい問題を解いている女性

    勉強法

    問題集は出来ない問題を発見するための道具
PAGE TOP